スローファッションをもっと楽しむために

目まぐるしく変わっていくトレンドに追いつくために生まれたファストファッションに対し、ひとつの服を何世代にも渡り引き継いでいくことをスローファッションといいます。

私の住んでいるサンフランシスコの人々は、このスローファッションがとっても上手。ヘイトアッシュベリーを始めとする古着屋の多さもそうですが、「それどこで買ったの?」という問いかけに対し、「祖母のものなの」なんていう答えが返ってくることも多くあります。

なんでもすぐ新品を買おうとしない。

この姿勢に学ぶことはたくさんあります。それは例えば、「気に入るものがなかったら、今あるものに手を加える」ということだったりします。写真で着ているのは、古着屋で買った白いTシャツにロゴをプリントしてもらったもの。手間や時間はかかるけれど、愛着もひとしおです。

Read More

マリエオーガニクスのプルメリアとサンフランシスコの霧の空

大学時代を過ごした場所とは誰にとっても特別なもので、私の場合、それがハワイの島々でした。そこにいる人、流れている水、グラスとともに交わされる会話、沈んではまたちゃんと上がる太陽の実直さ。そのすべてを恋しいと思わない日は、正直言ってないのです。

霧のサンフランシスコにいながら唯一ハワイを感じる方法があるとすれば、それはハワイの香りを身に纏うこと。風はどこにでも吹くものだから、それに色をつけるように、お気に入りの香りを耳の後ろにそっと塗るのです。

マリエオーガニクスのプルメリアの香りは、どんな灰色の空もたちまち明るくさせてしまう力を持っています。私が使っているのは、ロールオンタイプのパフュームオイル。サンフラワーシードオイル、ククイナッツオイル、ココナッツオイルをベースに作られています。

Read More

インディゴ・エリクサーのシトラスブロッサム・ステイン

あーもう、どうしてこんなに良いんだろう?

ハワイ生まれのボタニカルコスメブランド、インディゴ・エリクサー(Indigo Elixirs)にはまっています。写真に写っているのは「シトラスブロッサム・ステイン(Citrus Blossom Stain)」。リップとチークに使えるティントです。これに出会ってからというもの、他のチークは一切使わなくなってしまいました。この色、艶、肌にのせたときに感じる「栄養感」は、まさに完璧を超えた完璧。

夏に似合う自然でヘルシーなヒューレッドをお探しの人、おめでとうございます。多分これであなたのヒューレッドジプシーは終わりかも。

Read More

私のオアフ島のパワースポット — ライアン・ミヤシロ

オアフ島うまれのジャパニーズ・オキナワンアメリカン、ライアン・ミヤシロは、たくさんの肩書きを持っています。ミュージシャン、DJ、ダンサー、フォトグラファー、アーティスト、そして、みんなの友だち。この才能あふれる男に出会える人は皆、超絶ラッキーです。私もそんな幸運に恵まれた一人。

私はむしろライアンのことを、人じゃなくて、ハワイの隠されたパワースポットのひとつだと思っているくらいなんです。ライアンに会うときはいつも、魂が癒されてゆくのがわかるんです。彼の持つ温かみ、優しさ、そして自由に生きる姿をみていると、私は深く安心します。ライアンをみていると、別に「であるべき」とか「でなければ」に囚われる必要はないんだと、心の底から解ります。

ライアンのまわりにはいつも、まるでサンクチュアリーとでも呼びたくなるような、小さくて居心地のよいスペースが出来ています。人々はそこを訪れ、出て、また彼のもとに戻っていきます。ライアンといると、私たちは思い出さずにはいられないのです。自分たちがほんとうに居たい場所はどこだったかを。ライアンは情熱にゆだねた自分の人生を持って、ハートに従う生き方を私たちに教えてくれます。

Read More

1月のアロマレシピ – ジュニパー、フランキンセンス

messing around with natural beautyでは、芳香浴の贅沢を日常化するため、毎月その月に合ったエッセンシャルオイルのブレンドレシピを紹介しています。

今回は睦月のぱりっとした空気にぴったりのブレンドです。古代から心の浄化作用があるといわれてきたジュニパーと、呼吸器系によいフランキンセンスで、身も心も爽快な一年の始まりを愉しみましょう。

2017年1月のアロマレシピ

  • ジュニパー    3滴
  • フランキンセンス 2滴

たった二種類の精油ですが、その潔さが新年にぴったりだと感じます。朝と夜に焚いて、すがすがしい空間作りに役立ててみませんか。

Read More